or-music

自作の曲、動画をつらつらと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年、勝手に選んだCD TOP5

いや~、もう今年終わっちゃいますよ!!
僕の中では、今年は終わったものとして処理してます。。。
というわけで、ちょっと、はやいですが今年もありがとうございました
来年も宜しくお願い致します<(_ _)>

2015年のお勧めCDを勝手にえらびましたー
良かったらドウゾー

5位 Aphex twin / Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP

http://www.juno.co.uk/products/aphex-twin-computer-controlled-acoustic-instruments-pt/559882-01/

まさかのSYROから4か月で発表されたEP
僕は、この音の方が生身のrichardを感じることができて好きです
タイトル通り、コンピューターにアコースティック楽器を演奏させたEP
雨が降っている夜、人も通らないような田舎道を
このEPをかけて車で走っていると
このまま深い闇に吸い込まれてしまうような感覚があります
匿名性の高い音の粒の間から誰か、じっと見てるような

4位 FACT / best+ 2009-2015



今年、一番がっかりしたのは彼らが解散した事です
メジャーデビューから彼らを知ったんですが
スクリーモというジャンル自体、はじめての僕はめちゃくちゃ興奮しました
遡り、インディーのころのアルバムもEPもすべて買いあさりました
すごいと思うのは、スクリーモ一辺倒ではなく、
エレクトロニカ等、POP,JAZZ民族系いろいろなジャンルを呑みこみ
独自の音楽性を築きあげてました
正直、アルバム毎に畏敬の念を抱いてました
何か、No.1とか世界基準という言葉を音楽雑誌でちらほら目にしたような気がしますが
世界に通用するのは、彼ら位じゃなかろうかと思ってただけに残念です

3位 toe / HEAR YOU



前作から5年ぶり位でしょうか?
今回もいい仕上がりです
最初のような分かりやすい転調や手数の多いドラムは影を潜め、
淡々としたフレーズのループを軸とした楽曲が多く
それが今の自分の心象とすごくいい場所でマッチしました
気づけば、いつも聴いていたような気がします
メンバー各々が別に仕事をもっている彼らだからこそ
本当に納得したものを作りだせたような気もします
ジャケットも含め、ほんとにセンス良くて
彼らのCDはためらわずに、いつも購入してます

2位 Lillies and remains / romanticizm



どうして彼らが売れないのか、支持者が少ないのか疑問でなりません
SOFT BALLETの藤井麻輝氏が全面プロデュースした今作は
80年代のニューウェーブを彷彿させるような音作り
BASSが脱退したこともあって、心配してましたが
さらに化けてきた感じでした
こちらの想像を軽く越え、芯としている美学がある
KENT氏は生粋の優秀なメロディメイカーだと思います
欲を言えば、CDを購入する付加価値をもっと高めてもいいかなと思います
とはいえ、素晴らしい楽曲は僕のモチベーションをかなり上げてくれました

1位 The mirraz / マジか。とつーか、EP



正直、聴かず嫌いでした。arctic monkeysそのまんまの楽曲や
RADWIMPSやBUMP OF CHKEN系の甘ったるい曲をあからさまになぞったような曲が
どうしても目についてしまって、ちゃんと彼らの曲を聴いたことなんてありませんでした
これを機に過去の曲も聞きましたが、楽曲のクオリティーにばらつきを感じますが
とても光るものを感じます
今作はEDMを大胆に取り入れ、子供がおもちゃを手にしたようにのびのびしている感じは
聴いていて、見ていて今後が楽しみでもあります
自主レーベルを設立し、魅力的なCDの特典やライブトラックを詰め込んだり、
新作を全曲、無料で視聴できたり
何としてでも売れたいという意思が嫌ってほどギラギラしてて
大人しい真面目ないい子ばっかりのなか
その生意気な態度は、憮然とした音楽シーンの中でちょっと応援したくもあります
新作も控えていて、今後に期待ということで1位です

その世界は箱の中

エルムを聴いて頂いたみなさん
ありがとうございます( ^^) _旦~~
今はデモですが、次の曲は全然違うので
また、よかったら聴いて下さい!
----------------------------------------------------
最近、時間が結構あるので
今更なんですが「桐島、部活やめるってよ」を
DVD借りて見ました
すげー、おもしろかったです

あらすじは学校のヒーロー
桐島(勉強、スポーツ万能)が部活をやめるっていうだけなんですが
ほんと、構成がよくおもしろかったです
同じ時間軸を複数の視点から繰り返すんですが
(僕の好きなガス・ヴァン・サントのエレファンントもだなぁ)
学校という閉鎖的な空間の何ともいえない息苦しさが
蘇ってきました

みんな、どんな風に感じたんだろう?と思って
感想をネットで結構見たんですが、
登場人物が複数いるので、誰に感情移入するかで
評価は分かれると思います

学校という閉鎖空間の息苦しさ
目には見えない派閥
思春期特有の心の機微
はまる人は、ガッツリはまると思いました
賞も沢山、とったようなので
こうゆう映画がちゃんと評価されるのはうれしいですねぇ

------------------------------------------------------------------
映画とは直接、関係ないんですが
人間って当たり前ですが一人一人違います
その差異がある意味、魅力で、
その差異のせいで
力関係ができてしまうのは仕様がないと思うんです

僕は田舎の出身で、高校まで地元でした
クラス数も少なかったので、顔馴染みばかりでした
中学生の時ですが、ある日、クラスに意見箱が出来ました
その意見箱に学校にマンガ(稲中)を持ってきてる人がいると
投函され、僕を含む野球部7人は放送室に呼び出され
ヤクザみたいな担任に全員、マジビンタをされました。

ですがマンガを持ってきてたのは僕らだけじゃなく
実は他にもいました
そのグループは勉強も出来、スポーツも出来、
先生受けもいいグループでした

投函した奴はすぐ特定できました
そいつは、事がそんなに大きくなると思ってなかったみたいで
名指しされ、ビンタまでくらった僕らは
完全に逆恨みですが
そいつをどうしようか、というミーティングを放課後行いました

どうやって仕返そうか?頭の悪いグループは嫌ですねぇ
・・・結局、仕返しはしませんでした
何でかというと担任が怖かったからです
また誰かにチクられたら、超やべーよ、という結果に落ち着きました

僕は運良く、いじめにあったことがありません
それはこの担任だったり、ほかの怖い先生がいて
その先生たちの力である意味、統制がとれてたからだと思うんです

それはいい面も悪い面もあるでしょう
でも、ほんとにいじめなんてなくそうと思ってるのなら
ヒール(憎まれ役)でもいないとバランスがとれないと思うんです
すべてのいじめには目が届かないかもですが
数はぐっと減るんじゃないでしょうか?
今の先生たちは子供を叱らない、叱れないらしいので
箱の中(閉鎖空間)はぐちゃぐちゃなんじゃないでしょうか
体罰はやっぱりだめでしょうが、
言ってだめなら、体に覚えさすのも致し方ないと僕は思います

#18 エルム / o r

1年前の秋にできた曲です
よくも悪くも、自分の色が強すぎて、お蔵入りしてました
内向的すぎますが、よかったら聴いて下さい!



エルム / o r

そして秋は深まり、生き物は土に還る
都会の暮らしで鈍った知覚を研ぎ澄ます
不安気にいつだって
不安気に踊って
「繰り返してばっか。」ってもう嫌になるけど

手ニフレテ。

朝の始まりだって、当たり前に来るから
君が失敗しても僕は笑ったりしない
不安気にいつだって
不安気に踊って
「繰り返してばっか。」って
もう嫌になるけど

sungoesdown!!!
燃える赫の向こう
沸る血、呑み込む

鉄の柵を越えて 越えて 越えて
鉄の柵を越えて 越えて 越えて

夢ならば眩しすぎる
夜の泪も忘れた
多分、とっくに気づいてる
組み込まれた憐れさを
骨の奥が悲鳴あげた
血も目も泪もあげる
生まれ変われるのならば
自分以外の誰かがいい



秋の色

ご・・ご無沙汰してます。。
みなさん、元気ですか?
僕は報告するほど、劇的なこともなく
忙しい日々を辟易しながら送ってます。。

もうすっかり秋ですね、ギターも全然触ってないなぁ
作りたいと思うほどの曲ができていないからか
自分がただ、怠惰だからか
どちらにしてもあまりいいサイクルにいるとはいえないですね。。。

実はちょっと長期で、熊本に出張にきています
秋の足音も聞こえてきて、阿蘇方面はバイカー達が
気持ちよさそうに風を切っています

もう手放してしまったんですが、TW220に昔のってました
全然、バイクに詳しくないのですが、
このバイクだけはすごく魅かれまして
もちろん改造なんかできないので、
カスタム済みを購入しました

夏のバイクは汗かくし、冬は寒いし最悪でしたが
夏の夜に仕事終わりにフラッと海にいったりして
ボーと対岸のビルの明かりを眺めたりしてました

もともと社交的な方ではないし、
一人の時間がとても好きなんですが
こっちに来て、変わったことといえば
ご飯食べに一人で小さい創作BARに
行ってるうちに、知らない人と仲良くなったりしました
その店に行ったらたまに会う、みたいな感じで
何人かですが

本名も連絡先も知らないのですが
何だかすごい不思議な繋がりで
思い切って外に踏み出すと、こういうこともあるんだなぁ
と、出不精の自分にとって発見でした

長い出張ではありますが、会者定離ともいいますし
いつかは別れがくるのでしょうが、
気兼ねなく話したり、笑ったりできる空間が
今はとても大事な支えです

#17 沙羅双樹(I WILL ACCEPT.) / o r

新曲です!
いい曲だと思います!
宜しくお願いします<(_ _)>

#17 沙羅双樹(I WILL ACCEPT.) / o r


四分四十四秒

鈴虫が鳴くのは、なぜ
鈴虫が鳴くのは、なぜ
蝉時雨、昔をみているような気にさせる
(帰りたい、帰りたい)

消えた流星の間
滑る夏の間
夜の裏へいく
俺は夜の裏へいく

一瞬の波の間
捩れた思春期の間
夜の裏へいく
俺は夜の裏へいく

子供の後を行く

綴る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。